ライカ純正レザーストラップ(キャリングストラップ?)を試してみる。「レビュー」

とりあえずライカ純正レザーストラップです。

ライカジャパンではキャリングストラップとなっていますが

どっちが正式名称なんでしょうか?

レッドが微妙ですが試してみたいと思います。

値段の割にちょっと安っぽいかな。。。

でもライカ純正にしては安く感じてしまう罠。

取り付けてみるとやっぱり純正だなーと納得。

しっくりしますね。

ただケースとあっていないように見えますね。

実物はそこまで感じませんが、写真写りが悪いんでしょうかw

長さもある程度調整できますし、たすきがけもできます。

まあ一本持っていてもいいかもしれませんね。

ライカM あなたはどの方法でピント合わせますか?ファインダーを比べてみました。

Leica M typ240

Leica Summarit 50mm F2.5

この写真に取り立てて意味は無いですが

この写真を撮ったときのファインダー、電子ビューファインダー、

そしてライブビューでの見え方を見せたいと思います。

 

まずはレンジファインダーでの見え方です。

50ミリレンズなので外側の白い枠が写る範囲です。

28ミリだとギリギリまでフレームがきて

35ミリだとその間です。

50ミリレンズぐらいだと写真に写らない範囲もかなりあって

切り取るイメージで写真が撮れます。

これが一眼レフにはできない良いところですねぇ。

真ん中の四角はピント合わせ用の「二重像合致式」用の窓です。

僕は「二重像合致式」のピント合わせが大好きで

レンジファインダーがもっと広まってほしいと思っています。

次に電子ビューファインダー「VF-2」での見え方です。

純正は「EVF2」ですがオリンパス製の「VF-2」と同スペックです。

EVF2はおそらくオリンパスのOEMですので。。。

詳しくは前回の記事をご覧ください→こちら

一世代前のファインダー性能ですがまあ実用に耐えられます。

 

最後にライブビューでの見え方。

よくあるデジカメと同じです。

そんなに性能の良い液晶でもないような気がします。

この画面でピント合わせるのは大変です。。。

素直にファインダー覗きたくなります。

三脚使って精密なピント合わせ用でしょうか。

 

やっぱりレンジファインダー機ですから

ファインダーでピント合わせが基本でしょうが

いろいろな方法が選べるのはいいですね。

 

ちなみにモデルになってくれた箱はライカM用の純正バッテリーの箱です。

これまた高い。。。。

 

 

オリンパス電子ビューファインダー「VF-2」をライカM typ240で使ってみる

電子ビューファインダー、オリンパスの「VF-2」です。

実はリコーのGXRに使用する電子ビューファインダーも

VF-2という名前でややこしいです。

オリンパスのVF-2は、もちろんライカのアクセサリーではありませんが

なんとライカM typ240で使用できます。

ちなみにライカ純正はEVF2という名前で発売されていますが

スペック的には全くいっしょ、デザインは少し違います。

中古でオリンパスVF-2を入手しましたのでアイカップだけ新品購入です。

結構高い。。。

装着前

装着後

意外ときつくて、はめるのに本当にこれでいいのか?と何度もマニュアル見ましたw

カメラに取り付けてみました。

オリンパスのロゴがあれですがまあまあ見れる感じです。

最初のぞいた時どんなにピント合わせ用としてもボケボケで、故障品か?と思いましたが

視度調整が思いっきりプラスになってました。

ロック機構がほしいぐらい回りやすいのが難点かと。

実際はせっかくのレンジファインダーだし、そっちメインにすると思いますが

ピントの浅いときや逆光でファインダーが見にくいときはいいんじゃないでしょうか?

見た目も良いし。。。

次回はレンジファインダーで見た感じと比べてみたいと思います。

レビュー! 激安ソフトシャッターレリーズボタン購入! しかも高性能

Leica M typ240 用に購入したものシリーズです。

激安ソフトシャッターレリーズボタンです。

何とアマゾンで約1000円(2018年2月現在)

しかもですよ。

今なら3つついてきます!!(今じゃなくても)

3つとも違う形状で真ん中が膨らんだ物、フラット、へこんだものがついてきます。

私は真ん中がへこんだものを使っています。

押した感じも少しボタンが高くなって押しやすく、

押し込む必要がなくなりブレ防止に役立ちます。

そしてカラーを赤にしたのでワンポイントになっていい感じ。

しかもゴム製のリングが付属していて落下防止に役立ちます。

まわした感じも少し抵抗ができて落下防止に少しは役に立つと思います。

先日まで使っていたボタンはこのゴム無しで使っていたので

知らない間になくなっていました(泣)

このゴムで少しでも落下が防げるならうれしいですね。

めっちゃお買い得だと思います。

最悪ゴムのリングだけ使用して

他のお気に入りのソフトシャッターレリーズボタンを使うこともできます(笑)

カラーも赤、黒、金、銀とありますのでお好みどうぞ。

こういったものはいきなり販売終了したり、

高くなったり(安くなることもあるけど)するので

ご購入はお早めに。

Leica M typ240用に「ARTTSAN & ARTIST」の「LMB-M BRN LEICA-M用ボディケース ブラウン」購入

 

Leica M typ240を購入した時「ARTTSAN & ARTIST」 ボディーケース購入しました。

今回はそのレビューといいますか、感想です。

Leica Mを購入した時にまず購入しなくてはいけないと思ったものに

液晶フィルムとボディーケースでした。

まずはカメラの保護をと考えるのは普通ですよね。。。(高いし)

 

結構迷って購入したのは「ARTTSAN & ARTIST」の

「LMB-M BRN LEICA-M用ボディケース ブラウン」です。

購入の決め手はブラウンの色と保護性能です。

ボディの上面ギリギリまで覆っているのはなかなかポイント高いです。

 

後、色目も渋くて好みです。ボタンも黒で

「ARTTSAN & ARTIST」のロゴ入りでかっこいい。

難点としてはちょっときついので出し入れが大変ですね。

SDカードやバッテリーは底面からの出し入れなので

毎回取り出す必要があります。

ただ使っているうちに馴染んでくると思います。

 

個人的にはルックスも含めて満足度が高いです。