焦点工房ライカレンズフード 12504、純正と比べてみました(レビュー)

LINEで送る
[`evernote` not found]

焦点工房厳選 ライカレンズフード 12504 (M1.4/35、M2.0/35用) を購入しました

ライカ純正のフード12504をもっているので比べてみます

写真上が焦点工房フード、下がライカ純正

書体が違いますが書いてある内容は一緒

フィルターはねじ込み式ではなく爪で挟むタイプ、純正と全く同じです

ただ少しゆるい感じがしましたが実用上問題ないです

純正も使用中くるくる回ります(笑)

しかしもう一面はかなり差があります

上が焦点工房、下が純正

焦点工房は何も書いてありませんが

純正は「LEICA CAMERA GMBH GERMANY」と書いてあります

焦点工房のフードも純正と全く同じように

2つに別れ真ん中にフィルターを挟むことができます

ズミルックス35ミリにはフィルターネジがないため

フィルターを付けることができません

その為フード内にフィルターを挟み込む構造となっています

何でこんなことになったんでしょうかね?

とにかく焦点工房のフードもフィルターを挟むことのできる

純正と全く同じ構造です

挟み込むフィルターはS7(シリーズ7)です

純正は高いのでケンコーの特注品で代用

これでも特注品なので高いです(泣)

実際フィルターを挟み込んでみると焦点工房フードはほんの少しカタツキがありました

僕は気にならない程度でしたので問題ないですが気になる人は気になるかも

純正はピッタリでした。流石です

フードを付けると焦点工房、純正ともレンズキャップが使えなくなるので

フードキャップが欲しくなりますね

焦点工房フードに普段純正フードで使っているキャップをつけてみました

これはフードの内経で大きさが変わってくるので違ってくるかな?と

思ったのですが、全く同じでした!

純正のフードで使っているフードキャップは58ミリなので

焦点工房フードもこのキャップで大丈夫そうです

モノを実際比べてしまうとやはり純正の出来が素晴らしく感じます

純正は肉厚でとくにエッジの部分はまるびを帯びていて気品があります

焦点工房フードは少し薄い感じがしますが非常によくできていて

構造もほとんど純正と同じです

ただバリがあるわけではありませんが、少し角の部分が尖っていますので

比べちゃうと違いが出ます

また内側の処理も純正はしっかりしていますが

焦点工房フードはざらつきがある感じで少し安っぽいです

黒の塗料も内側は剥がれやすそうな感じなので、汚さないようにしないと

汚れを拭き取りにくそうです

全体的にはあくまで2つ並べると違いが少し分かる程度ですので

特に普段使うときには焦点工房のフードでいいじゃない?と思います

「注意」

あくまで僕の購入した個体のレビューですので

購入した時期や個体で差が純正、焦点工房のもの両方あると思います

購入したけど「全然違うじゃないか!!」と言われましても

困りますのでご了承ください。

焦点工房フードにはシルバーもあります。これは珍しいかな?

1件のコメント

メールアドレス、ウェブサイト欄は必須ではありません。空白でもコメントできます。