ライカ M typ240で使用不可のDRズミクロンを使ってみる(自己責任)

LINEで送る
[`evernote` not found]

Leica M typ240 にはLeica純正レンズでも装着不可のレンズがあります

その中の1本、DRズミクロンを装着してみました

気をつければ普通に使えます

「普通」と言うのは少し違うかもしれませんが。。。

正確にはマクロ撮影は問題なくできますが、

ピントが1メートルぐらいまでしか合いません

僕のレンズはフィート表示ですが右側のマクロ方向には回せますが

左側通常撮影方向には回せません

何か干渉していると思います。

無理にまわしたら壊れそう。。。

後メガネもつかないのでライブビューで撮影します(面倒くさい)

ちなみにメガネ無しでも真ん中のポッチをぎゅーと押しながら

回せばマクロ撮影できますよ(無理やり感あるけど)

まあこんな危ない使い方推奨されないのは当たり前で

使用不可になっているわけであります。

ちなみにこの状態で取った写真は

Leica M typ240

Leica DR Summicron 50mm F2.0

こんな感じです。

結構普通に撮れますよ〜(マクロ域なら)

自己責任でお使いください(笑)

 

ちなみに「MマウントレンズでAF! TECHART テックアート LM-EA7 購入「レビュー」

の記事に乗せている写真はすべて

「Leica M typ240」と「Leica DR Summicron 50mm F2.0」

の組み合わせで撮っています、ご参考になれば幸いです

おとなしくα7iiで使います。。。

メールアドレス、ウェブサイト欄は必須ではありません。空白でもコメントできます。