ライカM あなたはどの方法でピント合わせますか?ファインダーを比べてみました。

LINEで送る
[`evernote` not found]

Leica M typ240

Leica Summarit 50mm F2.5

この写真に取り立てて意味は無いですが

この写真を撮ったときのファインダー、電子ビューファインダー、

そしてライブビューでの見え方を見せたいと思います。

 

まずはレンジファインダーでの見え方です。

50ミリレンズなので外側の白い枠が写る範囲です。

28ミリだとギリギリまでフレームがきて

35ミリだとその間です。

50ミリレンズぐらいだと写真に写らない範囲もかなりあって

切り取るイメージで写真が撮れます。

これが一眼レフにはできない良いところですねぇ。

真ん中の四角はピント合わせ用の「二重像合致式」用の窓です。

僕は「二重像合致式」のピント合わせが大好きで

レンジファインダーがもっと広まってほしいと思っています。

次に電子ビューファインダー「VF-2」での見え方です。

純正は「EVF2」ですがオリンパス製の「VF-2」と同スペックです。

EVF2はおそらくオリンパスのOEMですので。。。

詳しくは前回の記事をご覧ください→こちら

一世代前のファインダー性能ですがまあ実用に耐えられます。

 

最後にライブビューでの見え方。

よくあるデジカメと同じです。

そんなに性能の良い液晶でもないような気がします。

この画面でピント合わせるのは大変です。。。

素直にファインダー覗きたくなります。

三脚使って精密なピント合わせ用でしょうか。

 

やっぱりレンジファインダー機ですから

ファインダーでピント合わせが基本でしょうが

いろいろな方法が選べるのはいいですね。

 

ちなみにモデルになってくれた箱はライカM用の純正バッテリーの箱です。

これまた高い。。。。

 

 

メールアドレス、ウェブサイト欄は必須ではありません。空白でもコメントできます。