「AGFA sensor 505-E」の自分勝手なデジタルクロスプロセス設定を考える。

LINEで送る
[`evernote` not found]

先日 購入した「AGFA sensor 505-E」についてもう少し勝手に掘り下げて記事を書き込んでみようと思います。

先日 素直な描写と書きましたが、なんとなくデジタルクロスプロセスが似合う画像を吐き出す気がするのでこんな実験してみました。

これは僕的なメモなので「こんな写真の撮り方あんど加工は認めな~い」とか怒らないでくださいね(°∀°)b

まず普通に撮った時の 「AGFA sensor 505-E」写真。

なお、これから下の写真はすべて左から露出補正0、+0.5、+1.0です。

空の写真を選んだのは単にデジタルクロスプロセスは「空」だろ~!!っていう僕の偏った考えからです( ̄ー ̄;

デジタルクロスプロセスや自動トーン補正はPhotoshop CS4を使用しています。

SNAP×SNAP SNAP×SNAP SNAP×SNAP

次にデジタルクロスプロセスした時の画像。

SNAP×SNAP SNAP×SNAP SNAP×SNAP

撮っただけの写真に自動トーン補正したもの。

SNAP×SNAP SNAP×SNAP SNAP×SNAP

自動トーン補正した写真をデジタルクロスプロセスしたもの。

SNAP×SNAP SNAP×SNAP SNAP×SNAP

こう見るとPhotoshopの自動トーン補正はすごいまとまって綺麗したものはデジタルクロスプロセスをおこなってもあまり露出の影響を受けないけれど白トビが多くなります。

デジタルクロスプロセスやる可能性があるならデフォは+0.5で撮って気にいらない時はPhotoshopで露出補正がベストだと思いました。

何でこんなことしているのかというと露出補正のメニューを出すのに非常に時間がかかるのですねぇ・・・ヽ(;´ω`)ノ

ワンプッシュで変更できればここまでしなくともいいのですが、どうしても「さっと」出して「ささっと」撮りたいので調べてみました。

何かの足しになれば(なるかな~?)幸いです。ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ


【送料無料】【AGFAのデジカメ登場!】【デジカメ】 AGFA PHOTO sensor505-E

【送料無料】 ★新商品★ クラシカルなデジタルカメラSD/SDHCカード使用可能 リチウムイオン充…

2件のコメント

  1. ペタッありがとう。
    お返しのペタッ。
    今年も今日で終わりますね~
    ステキな新年をお迎えくださいね。
    来年もよろしくお願いします。m(_ _)mペコッ

メールアドレス、ウェブサイト欄は必須ではありません。空白でもコメントできます。