持ってるライカMマウントレンズを撮り比べ!!ライカかコシナフォクトレンダーか。。。28ミリ編

LINEで送る
[`evernote` not found]

 

 

持ってるMマウントレンズたち。

せっかくなので撮り比べることに。

28ミリ、35ミリ、50ミリはライカレンズとコシナフォクトレンダーレンズ両方ありますので

少しは参考になるかと。

35mm編はこちらから

50mm編はこちらから

撮影機材としてカメラはα7II、

アダプターはVoigtlander VM-E Close Focus Adapter

(コシナ フォクトレンダー VM-E クローズフォーカスアダプター)を使用しています。

Lightroomで無補正、全体写真は縮小。煙突部分アップ写真はトリミングのみ。

開放とよく使うF5.6 F8.0で撮りました。

F4.0あたりでも撮ればよかったかな?

 

まずは「ライカ エルマリート 28mm F2.8 2nd」。

エルマリート28ミリで言うと第2世代。カナダ製です。

フードがかっこいい。

F2.8

F5.6

F8.0

F2.0 煙突部分拡大

F5.6

F8.0

 

 

コシナフォクトレンダー代表は「ウルトロン 28mm F2」

ボディ近くのクビレがエルマリート第1世代のパクリ。。。オマージュだと思う。

 F2.0

F5.6

F8.0

F2.0 煙突部分拡大

F5.6

F8.0

 

開放はF値の違いもあるけれどエルマリートのがしっかりしてる。

でもウルトロンのまさに「とろん」とした描写は何者にもかえがたい。

絞ってもエルマリートの描写は安定。周辺は流れ気味。

ウルトロンは良くも悪くも普通かな。レトロ感出してます感があるけど。

周辺光量落ちはウルトロンは絞っても多少残る感じ。広角だから気にしない。

使い分けは昼間エルマリート、夜ウルトロン。

 

 

2件のコメント

メールアドレス、ウェブサイト欄は必須ではありません。空白でもコメントできます。