すなっぷすなっぷ Ver2.0
これで完成!?THETAで高所撮影する方法。

20131125

先日、「THETAで高所撮影に挑戦。小さいことはいいことか?」という記事にも書かせていただきましたが、
SIRUIの一脚「P-326」(最大搭載荷重10kg)の上にSLIKの一脚「Sポール II」を取り付けて高所撮影しました。

これはこれで結構上からとれたのですが、もっと上からというのが人間の性でして、早速機材を追加購入しました。
「monopod」です。下のリンクではサイズ項目を「一脚」で見てください「三脚固定ホルダー」だとスマホ用です。

 

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

 

この機材はじつはYoutubeを中心に活動されている「わっき」さんの動画でもTHETA用として最適とご紹介されていた商品で、
購入してみて僕もTHETAの為にできてるんじゃない?と思えるぐらいすばらしかったです。

ものとしてはよくある自分撮り用の一脚なんですが、すばらしいのがカメラとの接着部分がすごく小さいので、
THETAの写真の中に一脚が写らないというのと、底面にもネジがきってあるので「Sポール II」のようにつないで延長できてしまうということです。

詳しくはわっきさんのYouTube動画をご覧ください。→ここをクリック

早速、SIRUIの一脚「P-326」の上にSLIKの一脚「Sポール II」、さらにその上に「monopod」という3段重ねで撮ってみました。
ついでに比較画像も載せておきますね。

まずは手持ち。→ここをクリック

THETAに「monopod」のみつけて掲げて撮影。→ここをクリック

SIRUIの一脚「P-326」の上にSLIKの一脚「Sポール II」その上に「monopod」そしてさらにその上にTHETAで撮影。→ここをクリック

見ていただければ一目。その高さは全く違います。
ただ、ただでさえ3つ重ねると4メートル20センチ以上というものすごい高さになるのに
monopodのネジきりが浅いのか、Sポール IIのオスネジが長いのか(多分前者)
なんだかしっかりしまらないので、1段目と2段目が少しふわふわしますw

まちがっても風の強い日には使用しないでください(^^;
この日はまだよかったのですが、次の日もう一度挑戦したときは海風が強くて継ぎ目から折れるかと思いました・・・

なんか間にかませるとぐらぐらはしないようになるかもしれませんな。

注意:本来の一脚の使い方ではありませんので、自己責任でお楽しみください。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。


アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

メールアドレス、ウェブサイト欄は必須ではありません。空白でもコメントできます。