すなっぷすなっぷ Ver2.0
THETAで高所撮影に挑戦。小さいことはいいことか?

20131118

従来は一眼レフに魚眼レンズをつけてぐりぐりまわして撮っていた360°パノラマ写真。
しかしTHETAは携帯より小さいのにワンショットで360°撮れるある意味「化け物カメラ」です。
この大きさなら高所撮影でも楽にこなせるんじゃないか?と思い、やってみました。

まずは、とりあえず普通に目線の高さで撮影してみました。
これをクリック→目線の高さ

まあ普通ですな・・・自分が結構写りますし、あまり広々とは写りません。

次にSIRUIの一脚「P-326」(最大搭載荷重10kg)の上にSLIKの一脚「Sポール II」を取り付けます。
これは「Sポール II」が「1/4ネジ付き三脚の延長ポール」としても使えるように設計されているため相当長くなります。

単純計算でP−326の1540mm+Sポール IIの1610mmで3150mm。
3メートル15センチの高さにTHETAをのせて撮ってみます。
なんだか3メートルというとそんなに高くないような気がしますが、実際下から見上げると結構高いです。

ここをクリック→3メートルの高さより

どうでしょう?だいぶ自分が小さくなって少し見上げるような視点になりました。
特に塀の上に視線がいったことが大きいと思います。

こうなるともっと上から撮りたいですよね・・・(意味深

SIRUI 一脚 6段 小型 カーボン P-326

SIRUI 一脚 6段 小型 カーボン P-326

定価:¥ 17,820

Amazon価格:¥ 7,963

カテゴリ:Camera



SLIK 一脚 Sポール II 4段 204276

SLIK 一脚 Sポール II 4段 204276

定価:¥ 8,856

Amazon価格:¥ 5,000

カテゴリ:Camera

発売日:2002-02-23


2 Responses to THETAで高所撮影に挑戦。小さいことはいいことか?

  1. ヒゲ坊主 より:

    THETAめちゃめちゃ楽しそうですね。高所撮影素晴らしいです,これは凄い。

    • Afuro より:

      THETAいつも持ち運ぶほど面白いです。
      工夫のしがいがあるのでまだまだ遊べそうです。

メールアドレス、ウェブサイト欄は必須ではありません。空白でもコメントできます。